顎関節症の治療法

顎関節症の治療法は、原因によって正確にはわからないことが多いので
一概にはとは言えませんが、一般的に行なっている治療方法といえば
まずは運動治療・薬物治療・スプリント療法(顎関節症用のマウスピース)
などで治療していきます。

 

 

 

顎関節症の運動治療とは筋マッサージや
顎関節の可動化訓練などをやっていき、そして生活上での注意では
うつぶせや頬杖は絶対に禁止です。

 

薬物治療とは痛み止めなどを使ったりします。

 

スプリント療法は原因によって使い方が少し変わってくるようです。

 

 

 

そして、これらの治療でダメならマニピュレーション法というのを
行います。

 

これは、顎関節にある関節円盤というものを正しい位置に戻す
方法のことであります。

 

 

 

そして、それでもダメなら外科医的手術が必要に
なってきます。
これは一般的な流れですので、別の方法もあります。

 

 

 

 

しかし、この顎関節症は「これをすれば絶対に治る!」という
治療法がありませんので、歯科医院などで「絶対にしましょう!」と
言われても安易に「治療します」とは言わないほうがいいでしょう。

 

歯科の居抜きなら物件マニア