顎関節症とは

口を開けると顎が痛くなったり「ボキッ」という音がなったりしませんか?
それは顎関節症という病気でありひどい場合には口が開かなくなるという
おそれがあります。

 

 

 

ポキッとなるだけなら特に治療の必要はありませんが、
面白いと思ってならしてしまうと、顎にどんどんと負担がかかってしまい、
症状が悪化して病院に行かなければならないということもありますので
アゴがなった場合は、面白がって鳴らさないようにしましょう。

 

 

 

 

また、顎関節症には分類があり、咀嚼筋障害・関節包・靭帯障害・関節円盤障害・変形性
関節症・その他。

 

 

 

というように分類されています。

 

どれも治療が必要になって場合がありますので、口が開けれられないや口を
開けたときに痛いと思ったときはすぐに病院に行くことをオススメしますよ。

 

 

 

 

ただ、この治療方法は歯科医院によって考え方が様々になってきますので
自分に合っていないという歯科医院もあるかもしれないので、事前に
しっかりと調べてたほうがいいでしょう。