歯周病の進行

歯周病というと、歯槽膿漏の始まりというイメージを持っている人もいらっしゃるようですが、厳密に言えば、歯槽膿漏も歯周病の一種であり、歯周病におけるもっとも恐ろしい病気であるといえます。

 

ですから、歯周病の最終段階が歯槽膿漏というイメージで間違いないでしょう。

 

歯周病の初期段階では、歯ぐきの小さい腫れが起こる「歯肉炎」を発症します。

 

 

 

それがさらに進行すると、今度は歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」という隙間が生じます。この症状を「歯周炎」と呼びます。

 

歯周ポケットができはじめたころの歯周炎はごく軽度ですので、できればこの段階で歯周病治療をスタートさせたいところです。

 

 

 

この段階で歯周ポケットから歯周病菌が入り込んでしまうと、歯周炎が徐々に進行し、「歯槽骨」と言われるところまで罹患してしまいますので、歯周炎の初期段階で歯周病を食い止めることが何より重要なのです。

 

さて、歯周炎が軽度から中度に進行すると、いよいよ歯肉の腫れが顕著になります。

 

 

 

歯肉はブヨブヨの状況に陥り、出血することも珍しくありません。それがさらに進行すると、いよいよ歯槽骨まで歯周病菌が腐食し、歯ぐきはやせ衰え、歯槽骨がボロボロになった状態ですから、そうなると歯の揺れが顕著になり、継続的な出血を呈し、やがて歯が抜けてしまうことになります。

 

多くの人は、歯が抜けてしまえばそれで心配はないと考えるようですが、歯周病菌の病巣を完全に取り去らないと、歯根の周囲が化膿してしまうこともありますので、歯が抜けた後であっても、病院での消毒治療が必要です。