虫歯とは

今回のテーマは「虫歯とは」ということですが、中には「何を今さら・・・」と読み飛ばしてしまう人もいるかもしれません。

 

ただ、ひとつ言えることは、虫歯に関する事実を誤解している人がとても多いということです。

 

そこで、ここでは「知られざる虫歯の実態」についてお話したいと思います。

 

 

 

まず、虫歯は「ミュータンス菌」と呼ばれる細菌が原因でつくられると考えられており、このミュータンス菌という細菌は、虫歯ができる、できないにかかわらず、口の中に常駐しています。

 

つまり、「虫歯の元」はいつでも口の中にいるということがまず1点。

 

そして、食事後に口の中に残っているカスを餌として、このミュータンス菌が「虫歯」をつくるための土台作りをスタートさせます。

 

 

 

それがいわゆる「歯垢」です。この歯垢に粘りけを持たせてその中にミュータンス菌が入り込み、歯垢で歯をミュータンス菌ごとコーティングするような形になります。

 

そして、食物のカスの酸性の成分が、歯を溶かし始めるのです。そして、そのタイミングでミュータンス菌が「虫歯」を作り始めるという流れになるのです。これがまた1点。

 

いかがでしょうか?ここまでが虫歯ができるメカニズムということになります。

 

 

 

つまり、「虫歯」というのは、食べ物のカスとミュータンス菌のコンビネーションによってつくられるものなのです。

 

ですから、虫歯を予防するためにも、このあたりのメカニズムをしっかりと理解して歯磨きをすることが重要であると言えるはずです。

 

参考にしてがんばってみてください。