歯のレーザー治療

虫歯がある場合に、歯を削るという作業を実施することがあります。しかし歯を削るときに、どうしても機械の振動が響くことになります。あの振動がどうしてもいやという人は少なくないようです。

 

 

 

そこで最近注目されている方法として、レーザーを使っての治療法があります。レーザーの場合、光の力を使って、歯を削ることになります。ですから、振動を感じることが全くありません。

 

 

 

また虫歯を削るときに、従来の回転器具を使うと、どうしても痛みを感じるという人は少なくありません。そこで麻酔を使って治療をすることもあります。しかし麻酔を使うと、しばらくの間、口がしびれた感じになってしまって、うまくしゃべることもできなくなってしまいます。

 

 

 

レーザー治療では、麻酔を使わなくても、痛みを感じないということが少なくありません。ですから、歯医者で感じる痛みや麻酔が苦手という人でも、緊張することなく治療を受けることができるようになるかもしれません。

 

 

 

 

蕨・さくら歯科