クラウンレングスニングとは

虫歯を放置してしまうと、どんどん症状は進行をしてしまいます。通常は、虫歯もある程度まで症状が進行をしてしまうと、抜歯をするしか方法がないと考えるのが一般的です。しかし最近では、抜歯をしなくても治療することできる方法が、開発されています。それがクラウンレングスニングと呼ばれる治療法です。

 

 

 

虫歯がひどくなってしまうと、歯根の部分が歯茎の下の方に行ってしまっていることがあります。そこで、クラウンレングスニングでは、歯茎を下の方にずらしていきます。そして健康な状態である歯根を上の方に引っ張り出す形になります。一見、虫歯がひどくても、もしも歯根がしっかりとしていれば、クラウンレングスニングを使って、歯を抜かずに治療をすることもできます。

 

 

 

しかしクラウンレングスニングはすべての歯科医が行っているわけではありません。ですから、いろいろなクリニックで意見を求めるようにするといいでしょう。そのうえで、セカンドオピニオンなどを聞いたうえで、最終的に治療を決めるべきです。

 

 

 

 

 

http://www.teo-dent.com/