GBRとは

インプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込みます。しかし中には、生まれつきあごの骨の厚みがさほどないという人もいます。

 

 

 

このような骨の薄い人、何らかの病気で骨がやせてしまっている人の従来のインプラント手術を行うと、骨が割れる、もしくはインプラントを入れてもすぐに抜けてしまう可能性があります。もし骨の薄い人がインプラント手術を行う際には、GBRという治療が最初に実施されるかもしれません。
虎ノ門 歯科

 

GBRとは「骨誘導再生」といって、骨の再生を促す治療法のことを言います。GBRをすることで、インプラントに耐えうるところまであごの骨の厚みを増して、そこからインプラントの本格的な治療を実施しようというわけです。

 

 

 

骨には再生をする力があります。しかし歯茎の肉などが邪魔をして、十分に再生をすることができなくなっている可能性があります。そこで、歯茎と骨の間に人工の膜を作り、一定のスペースを確保します。そして十分な骨の厚みになるように、再生を促していくわけです。