歯と育ち

海外などでは歯並びによってその人の育ちなどをみられてしまうことがあるといいます。それはほとんど文化的な価値観の違いに過ぎないのですが、それでも海外にでることが多くなってきた最近では、気にかける方が多くなってきているのは事実です。

 

 

 

もちろん日本人には日本人なりの価値観、美に関する審美眼の違いがあってもいいのですし、必ずしも海外の基準に合わせる必要はないかとも思います。でも郷に入れば郷に従えとばかり、それなりに自分の不利益にならないように自分の身をきりかえていくのも生活の知恵であると思います。

 

 

 

ビジネスでなんらかの交渉をするときでも、また国際的な交流をする場合でも人々はなかなか自分が持っている価値観を変えるということはしないものです。これが日本式では普通です、ということを論じても、表面的には受け入れても、本質的に、生理的には受け入れないことはよくあることです。

 

 

 

それならばできるかぎりグローバルスタンダードにあわせていたほうが自分も世の中を渡りやすくなるのではないでしょうか。もちろんそうした事を気にしない国なども沢山あると思いますし、本当に世界というものは広いですから、それだけでは人の価値というのははかる事が出来ません。

 

 

 

でもそうしたことを知っている人というのは残念ながら世界でもごく僅かと言え、やはりその人の持ち前の価値観や美意識で人を判断、認識してしまうことはある意味事実です。そうしたことを考えつつ、自分の歯並びを整えることも一つの選択肢になっています。